もっと知りたい!転職で成功するポイント

Just another WordPress site

長時間労働なんてやってられるか!という場合は?

2016年4月4日(月) 10:20

転職に際して求められる資格に関しては、専門職以外は特に多くはないようですが、有する資格が有利に働くということでは、なんといっても、国家資格が強いようです。取り分け、建築・土木係では建築士のような「業務独占資格」と言われているこういった資格を持たないと実際に業務につくことはできないという職も多いので、狙い目なのかもしれません。
辞める理由が長時間労働だという場合は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい職場で成長したい」とすればイメージは悪くありません。転職理由が否定的なものも表現によっては、プラスのイメージになります。
履歴書には150文字から200文字程度で書くようにしましょう。
志望動機は採用の選考過程においてとくに大きなポイントです。相手がなるほどと思えるはっきりとした動機がなければ評価は悪くなります。
しかし、なぜ転職したいのかと聞かれてもうまく説明が出来ない方もたくさんいるに違いありません。
多くの方が履歴書への記入や面接の際にどう転職の理由を説明するかにとても時間を取られます。
転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから辞職するのが理想です。
退職してからの方が時間に余裕が持てますし、時間をおかないで働くことができますが、転職先がすぐに決まらない可能性もあります。
職の無い期間が半年を超えてしまうと、ますます就職先が減っていきますから、後先を考慮せずに今の仕事を退職しないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

«

»

Page Top

Copyright(c)もっと知りたい!転職で成功するポイント. All rights reserved.