もっと知りたい!転職で成功するポイント

Just another WordPress site

長時間労働なんてやってられるか!という場合は?

2016年4月4日(月) 10:20

転職に際して求められる資格に関しては、専門職以外は特に多くはないようですが、有する資格が有利に働くということでは、なんといっても、国家資格が強いようです。取り分け、建築・土木係では建築士のような「業務独占資格」と言われているこういった資格を持たないと実際に業務につくことはできないという職も多いので、狙い目なのかもしれません。
辞める理由が長時間労働だという場合は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい職場で成長したい」とすればイメージは悪くありません。転職理由が否定的なものも表現によっては、プラスのイメージになります。
履歴書には150文字から200文字程度で書くようにしましょう。
志望動機は採用の選考過程においてとくに大きなポイントです。相手がなるほどと思えるはっきりとした動機がなければ評価は悪くなります。
しかし、なぜ転職したいのかと聞かれてもうまく説明が出来ない方もたくさんいるに違いありません。
多くの方が履歴書への記入や面接の際にどう転職の理由を説明するかにとても時間を取られます。
転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから辞職するのが理想です。
退職してからの方が時間に余裕が持てますし、時間をおかないで働くことができますが、転職先がすぐに決まらない可能性もあります。
職の無い期間が半年を超えてしまうと、ますます就職先が減っていきますから、後先を考慮せずに今の仕事を退職しないようにしましょう。

転職するならどんな資格を持っていると有利か?

2016年3月28日(月) 10:51

転職の際、一般的には、有効だと思われている資格に中小企業診断士をあげることができます。
中小企業診断士となることで、経営知識が豊富であることを証明できるため、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると思ってもらうことができます。
法律を熟知する行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。転職の履歴書中に前職の会社名や勤務年数などのシンプルな経歴を書いているだけでは、履歴書をみた人事担当者にこれまで行ってきた仕事をわかってもらうことはできません。
どんな部署で、どのような仕事をして、どういった成果が残せたのかやスキルを身につけたなどの説明を足すことで、人事担当者の目に留まりやすくなるでしょう。アルバイトをしたことがあるというのは、就職活動において有利である事は多いと思われます。
人事部を担当していた際に面接で実感したことは、バイト経験を持つ人の方がきちんと受け答えできていて、印象がとてもよかったということです。
社会経験のあるなしの差はこういった場面でも出るのではないかと痛感しました。
仕事を選ぶに当たって、正社員を目指す傾向があるのは、昔から変わらないものです。正社員になるメリットは毎月、決まった収入が手に入ることです。保険やボーナスの観点からも大きな利点があるのです。
ただ、実際には非正社員の方が割がよい仕事もたくさんあり、どちらが良いかは細かく計算しないとわからないものです。

35歳以上転職無理説は本当か?

2016年3月21日(月) 10:48

昔は、35歳以上の転職には無理があるという説も、結構真実をついていました。
昔は年功序列だった関係で、35歳を超えた人が中途で入社しても扱いづらいので、不採用とする企業が少なくなかったのです。しかし、現在は年功序列のシステムが崩れたため、35歳以上でも有能であれば採用を決める企業が多くなりました。
大手企業に転職をして、仕事をすることになった場合、収入が上がる事が多いですが、一番違いが出るのはボーナスになるでしょう。
中小企業だと、ボーナスの額がわずかだったり、業績によってはまったくないなんてこともあります。
もし、給料が40万円と同じでも、ボーナスが無い場合は年収480万円となりますが、一年に二度、ボーナスがあれば、その分だけ、年収に差が出てきます。仕事をしていない無職期間が長すぎると転職がしづらいので、なるべくなら退職してから短い期間で転職を完了するように肝に銘じて行動してください。面接官が長い無職の期間が気になってきいてくることもありますから、無職である間に何をしていたのか、的確に返答ができるようにしておくことが大切でしょう。
中小企業は様々な経営上の問題を有しているため、中小企業診断士の資格を持っていれば、転職を行う際にも役に立つことは間違いないといえます。
中小企業診断士という資格は、中小企業が有している問題を診断、解決したり、経営に関してアドバイスする専門家ですから、経営コンサルタントと同等の役割だと思って間違いありません。

Page Top

Copyright(c)もっと知りたい!転職で成功するポイント. All rights reserved.