もっと知りたい!転職で成功するポイント

Just another WordPress site

仕事を変えよっかなー、と思うとき。

2016年1月25日(月) 10:02

仕事を変えたくなるときってありますよね?私はよくあります。そんなときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば採用の決め手になってくれるかもしれません。
MOSという資格はマイクロソフト社が公認しているPCスキルがあることについて証明してくれるとても取得する意味のある資格です。
この資格を得るということは、つまり、今やほとんどの企業で普通に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識とか技術が証明されるのです。転職活動は在職中から行動を始め、転職先に内定してから辞めるのが理想です。退職してからの時間が自由に使えますし、ただちに就業できますが、転職がなかなかうまくいかない想定もありえます。無職期間が6ヶ月以上になってしまうと、採用通知が来なくなる傾向になりますから、勢い余って今の職を辞める意思を示さないようにしましょう。35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。
これは35歳を超えると転職することができなくなるという説です。
いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当は、どうなのでしょうか?本当のところは、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。現在はどの企業も生き残るために必死なので、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。
普通、転職者に求められるのはすぐに戦力になることなので、違う業種で働く場合は年齢や経験ではない、何らかの別な長所がないと採用されないでしょう。すぐに結果を出せるような人に来て欲しいので、未経験者可とするところは少ないです。
使える資格を取るとか、勉強しておくといった努力が成否を分けます。

転職厳しいのはなんでだ?

2016年1月18日(月) 11:11

他の業種に転職するのはタフだと想像する方が多いですが、実際問題いかがでしょうか?まず結論から申しますと異業種への転職は生やさしいものではありません。
経験者と未経験者の2人が残った場合、採用担当者は未経験者を選ぶことは少ないです。
といっても、必ずしも無理とはいえないので、励むことによって仕事を変えられる可能性もあります。
英語が得意な方が就職活動で有利かと言えば、有利なことが多いでしょう。
楽天みたいに社内の標準言語が英語に限るという企業も存在しますから、英語が堪能なら他の求職者よりも選択出来る企業が広がって、有利に事が運びます。履歴書に記載できるような英語能力に関する資格を取ると良いでしょう。転職に強い資格を得ておくと、急な場合にも心配しなくて済みますね。そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。TOEICというのは、自分の英語力を証明する資格のことを指しています。
グローバル化が進行している今日、一定の英語能力を有する人材を希望する企業の数が非常に多くなってきました。
どのような業界でも英語力の高い人材を求めているので、転職する場合に、とても強い資格だといえます。
他の業種に転職するのは難解なイメージが強いですが、現実はどうなのでしょうか?結論としては異なる業種への転職は難しいです。経験者と未経験者の2人から選ぶ場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。ただ、何があろうと無理だというわけではないので、尽力次第では転職が決まることもあるでしょう。

Page Top

Copyright(c)もっと知りたい!転職で成功するポイント. All rights reserved.